経営理念

経営理念 

 DXアンテナは、テレビ放送が開始した1953年に有限会社関西テレビジョン研究所として誕生し、以来60年以上にわたり放送文化発展の一翼を担ってきました。社名の「DX」はアマチュア無線で「遠距離」を意味する略符号で、「遠距離から来る微弱な電波を、強力にキャッチする優れたアンテナを作っていく会社」との意味が込められています。

 DXアンテナは、これまで以上に皆様から信頼される企業としてさらなる成長を目指し積極的に新規事業に挑戦し、『情報伝送システム企業』として社会に貢献できる製品作りを行ってまいります。

このページの先頭へ