アンテナパパの解決日記第二話 部屋にテレビを追加したい(分配器編)「自分の部屋でもテレビが見たいな」「お父さんに相談してみようか。」

アンテナパパはこんな悩みを解決しました!

部屋にテレビを追加したい

「ハルキの部屋にテレビをつけたいのだけど。ハルキの部屋にはテレビ端子(コンセント)がないから無理かしら?」「隣の私の部屋にはテレビ端子(コンセント)があるわよ」「隣のおばあちゃんの部屋から分配させればいいのかも・・分配器を使えばおばあちゃんの部屋とハルキの部屋の2台で見れるようになるらしいよ。」

ハルキの部屋 おばあちゃんの部屋

分配器ってなんだろう?

アンテナ線と分配器を使って電波を分けて、複数台のテレビやレコーダーに接続し使うことができます。

ちょっと詳しく…

UHF、CATV、BS・110度CS放送の信号などを複数に等しく分ける(分配する)機器です。
分配数によって、2分配器、3分配器、4分配器、…と言います。

POINT:分配器選びの注意点

分配器には「全端子通電形」と「一端子通電形」の2種類があります。

通電について

BSアンテナはテレビから電気を送って動作させる必要があり、電気を通すことができることを「通電」と言います。

そこで!目的に合った分配器の選び方

全端子通電形
BS放送を見たい場合、複数の部屋でBS放送を楽しみたい場合は「全端子通電形」をお使いください。

BS放送がどの部屋でも見ることができます。

1端子通電形
BS放送を見ない場合か特定の1台のテレビでしかBS放送を見ない場合は「一端子通電形」でもOKです。

BS放送をBの部屋でしか見ることができません。

分からない場合やBS放送を見たいなら「全端子通電形」を買っておいたほうが便利です!

  • ※ただし、Bのテレビを視聴している状態(BSアンテナに「テレビB」から電気を送っている状態)であれば、AのテレビでもBS放送を見ることが可能です。
  • ※上記は、簡易図で、実際には分波器などが必要です。

次へすすむ

このページの先頭へ