いつまでも、これからも新しい感動を、きっと。2K・4K・8K Multi Series|DXアンテナはお客様と共に将来を見つめ より安心してお使い頂ける製品作りを目指しています。2K・4K・8Kマルチシリーズ製品はいままでの2K放送はもちろん、これからの4K8K放送どちらの放送も見ることができる製品です。

いつまでも、これからも新しい感動を、きっと。2K・4K・8K Multi Series

2K・4K・8K放送受信のシステム設計や工事もDXアンテナにご相談ください!!

【point1】これまでの受信機器は使えるの?

一部の4K放送は既存のBS右旋でも放送されます。
ただし、すべての放送を受信するためには3224MHz対応の「2K・4K・8Kマルチシリーズ」をご使用ください。

「2K・4K・8Kマルチシリーズ」とはDXアンテナが推奨する
2K・4K・8Kのすべての放送に対応した受信・伝送性能をもった製品のことです。

BS・110度CS衛星による4K・8K放送を受信するためには「3224MHz」の大変高い周波数を必要とするので、従来の受信機器では対応しきれないため、新たに2K・4K・8K放送に対応した3224MHz対応機器が必要になります。

同軸伝送は、右図のように周波数が高くなればなるほど
機器や同軸ケーブルの減衰量が大きくなる特性を持っています。

機器の減衰特性イメージ

入力レベル不足を回避するには、システム設計の見直しが必要です。

4K・8K(3224MHz)伝送では、減衰量が増加するため、テレビの入力レベルが不足します。
テレビの入力レベルが不足すると、テレビが映らなくなる恐れがあります。

【point2】現行2Kと4K・8Kシステム設計は何が変わるの?

お客様に将来も安心してお使いいただくために
2K・4K・8K全放送対応をご提案いたします。

小規模集合住宅システム例(73端子)

※ブースターの増設が必要です。

4K・8K(3224MHz)伝送では、従来の2Kに比べ使用周波数の帯域が高く広がります。
増加した減衰量を補うため、システムの見直し・設計変更が必要です。

【講習会】2K・4K・8K放送受信のお悩み

2K・4K・8K放送受信のお悩み事などDXアンテナにお問い合わせください

DXアンテナカスタマーサポート フリーコール0120-941-542

お昼時間も土・日・祝日もご利用ください!

受付時間 9:30~17:00 年中無休(夏季・年末年始休暇は除く)
携帯電話・PHS・一部のIP電話でフリーコールがご利用になれない場合 03-4530-8079

2K・4K・8K放送受信のシステム設計や工事もDXアンテナにご相談ください!!

このページの先頭へ